違法サイトのドメインを停止するよう裁判所が命令

US Court Orders Registries to Seize Control of ‘Pirate’ Domains

Translation by Masahiro Aoki

フロリダ地方裁判所はレジストリに違法サイトの運営に用いられている19のドメインを停止するよう命じました。

レジストリとは?

レジストリは、各ドメイン情報を持つデータベースを管理している機関です。ドメインによってレジストリは異なり、例えば「.com/.net」は、VeriSignによって管理されています。すべてのレジストラに対し平等にSRS(※1)へのアクセスを保証し、中立の立場である事が要求されています。

このフロリダ地裁の差し止め命令はTV業界のABS-CBNという団体によって申請されました。ドメイン会社によって代理公開されているドメイン管理者の個人情報も公開するよう命令されました。

ABS-CBNはフィリピンにおいてもっとも規模が大きいメディア、そしてエンターテイメント会社です。この会社は知的財産権に関することになると、非常に厳しい対応をすることで有名です。実際、ABS-CBNはアメリカ映画協会(MPAA)よりも違法サイトに対して厳しく対処しているようです。

ABS-CBNが用いる戦略の一つは”違法”サイトのドメインを標的とすることです。

実際、ABS-CBNは著作権と商法の侵害を理由に裁判所にドメインを何度か停止させているのです。フロリダ地方裁判所はABS-CBNにとっては都合のよい場所であり、実際4月には地裁にABS-CBNは足を運び、19のストリーミングサイトを起訴したのです(最後にリストを載せておきました)。

Subject Domain Namesにより運営されている”違法”サイトにおいて、被告(違法サイトの運営者)は広告を掲載し、ABS-CBNが著作権を持つコンテンツをインターネットに不正に公開しているのだ。ABS-CBNの知的財産権を悪用して広告収入によって利益を上げるために無断でこれら行為を行っていたのだ。(ABS-CBN)

違法サイトの運営者のビジネスは知的財産権を侵害する他のなにものでもない。~ABS-CBNなど

直接的、または間接的な著作権、商標の侵害、不正競争などを主張し、ABS-CBNは各侵害に対し最大150,000ドルもの損害賠償を求め、今後の侵害行為を避けるために差し止め処置を被告へ要求した。一方的なプロセスに従って、地裁は好意的にABS-CBNに対応しました。

ドメイン差し止め命令において、フロリダ地裁は違法サイトが現在もABS-CBNの不利益になっていること、違法サイトがABS-CBNの商標、コンテンツを許可なく違法に使用することによって人々を欺いているという2つのことに対し同意しました。

裁判官である Robert N.Scola Jrは違法サイトがABS-CBNのコンテンツを宣伝、複製、配信することを禁じました。

裁判所のこのプロセスは非常に標準的なものですが、ABS-CBNにとってはドメインを停止することは驚くほど容易なものとなっているのです。

裁判官は”違法”サイトのレジストラにABS-CBN側のレジストラによって運営されるアカウントへドメインを移行させるように命令しました。1日でも”違法”サイトのレジストラがこの処置を遅らせた場合、TLDが代わりに裁判所の命令に従いドメインを移行させます。

裁判は進行中ですが、違法サイトのドメインは違法サイトからこのURLへと既に移行されています。

ABS-CBN側のレジストラがこの変更をした後、ドメインは鍵のかかった状態へと移行され、新しいレジストラまたは被告によってドメインが消去されるのを防ぐ。~裁判所命令

19のドメインがリストされていますが、他のドメインも同じ手順を踏み、移行されるとしました。

“違法”サイトの管理人はおそらくこの裁判所命令に抵抗しないでしょうが、ほとんどのドメインには既にたどり着けない状態にあるでしょう。

人々を危険から守るために私たちABS-CBNは違法サイトを閉鎖し続けるでしょう。 ~ABS-CBN assistant vice president and head of global anti-piracy Elisha Lawrence

TFCそしてTFC.tがABS-CBNを安全に使っていただく唯一の方法です。

今回制裁対象となったドメイン

cinesilip.net
pinoychanneltv.me
pinoytambayantv.me
pinoytambayanreplay.net
drembed.com
embeds.me
fullpinoymovies.com
lambingan.ph
magtvna.com
pinoye.com
pinoyteleserye.org
pinoytvnetwork.net
pinoytopmovies.info
teleserye.me
watchpinaytv.com
wildpinoy.net
pinoy-hd.com
pinoytvreplay.ws
pinoychannel.co
wowpinoytambayan.ws
pinoytelebyuwers.se

スポンサーリンク
Medi-8 300×250


Medi-8 300×250


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無しののっぽさん より:

    どんな考え方をするかは、国の自由だと思います。ABS-CBNの事は深くわかりませんが、19か所もの違法サイトがあって、閉鎖された。しかし、19か所もの違法サイトにはそれなりの需要があったんだと思います。それを無視することはあまりよろしくないと思います。TFCなど自分から見たら物凄い時代遅れな考えをしているなあと思いました。なんだかんだ言って日本のテレビアニメが流れていたのでこれはOkなのか?矛盾だらけです。話は逸れますが、私は周りの考えを一度は参考にします。しかし、自分なりの考え方のほうが、良いと思ったらそちらを進めてしまいます。多くの人は、周りの目を気にして、用意されているレールに乗っかって生きていて、います。みんな仲間外れになるのが嫌だから意味も無くスマホ持ってみたり、すぐに周りの流行廃りに影響を受け、確固たる自分を持っていないんだな。と思いました。足並みをそろえて生きる日本社会は、一度崩落してしまうような気がします。大事なことは、自分なりの価値観をしっかり持つことで、それが本当にあるかないか話していると、すぐわかります。
    同じ気持ちを持って会社で働くこと自体、自分にとっては不可能な事だと思います。
    自分なんかは、バカバカしい決められたレールなんかすぐに外れて、自分で勝手にレールを作って生きていきたいと思っている今日この頃です。長文すいません。

  2. pinoy tambayan より:

    どんな考え方をするかは、国の自由だと思います。ABS-CBNの事は深くわかりませんが、19か所もの違法サイトがあって、閉鎖された。しかし、19か所もの違法サイトにはそれなりの需要があったんだと思います

  3. 名無しののっぽさん より:

    どうして、庶民のささやかな喜びを奪うような事をするのだろう。庶民のやる小さい犯罪よりも政治家や官僚がやっている愚かしく情けなく、最高の悪事を野放しにしておく事の方がよっぽどマズいのでそちらから優先的に処理ほしいと思います。まあ、庶民の小さいと思っていた犯罪が本当はデカいものであれば考えないといけないと思います。

    今日、久しぶりにプライベート外出し、(働いている時は寄り道しない)昔、18禁コミックを大量に買いによく行っていた本屋に行ってみました。平日であるせいか、とても閑散としていて、売っていたはずの18禁コミックが全く売られていませんでした。別にそれらを目的に本屋に行ったわけではないのですが、なぜそんなことになっているのかわかりませんでした。まだ当時はPCのネットが電話回線だった時代なので、本の電子化などあり得ませんでした。今は、光回線でもっと巨大なデータを簡単に動かせるようになり、本の電子化が当然になりました。私は、実用書が好きで、本屋も専門店を中心に通っていました。さすがに、専門書などは電子化が進んでいないみたいですね。話が逸れましたが、エロスに目覚めたのも高校生ぐらいで実写版はグロイとすら思っていて、18禁コミックがエロスの入門であり、その18禁コミックが全く売っていなかった事に単に本屋が廃れたのか、客層を変えてしまったのか残念な気がしました。(直感ではこんな感じだとこの本屋が無くなるのも時間の問題だと思いました)でも、今の若い子達はスマホで読みホーダイなのかとも思い、良い時代なのかとも思えました。スマホにはあまり詳しくないので良くわかりませんが、本屋の在り方も変わる時代が来たという事ですね。そして本屋は自然淘汰され、大御所かコミック系等何らかの形で特化していかないといけないのでしょう。本屋に限らずCD・BD屋、そのレンタル屋、中古本屋もどんどん自然淘汰されていくのでしょう。最初、PCは会社の中高年のリストラの道具だったのですが、今度は、本の作家、コミックの作家、音楽の作家等のリストラに繋がっていっているのであれば、マズい事になると思います。オリジナリティーの喪失に繋がるからです。どこが儲け様が自分には関係ないと思ってしまいますが、Nyaaの場合、サイトを運営していた人が儲かってしまったのがマズかったのですよね。かといって、本等を実際買うと高すぎて手に入れずらい場合もあり…お互い歩み寄り、折衷案を模索するしかないような気がします。コミックやアニメは質が命ですからね。まあ、自分の個人的な考えによると、実物の値段を一桁下げる位がちょうどいい感じですね。まあ、電子化したものですら結構高いので良くないと思います。というか、2Ⅾ、3Ⅾプリンターの技術がより向上して、気に入った本だけ手軽に自宅で製本所出来たりすると良いですね。しかし、如何せんトナーカートリッジの値段が高すぎると思います。インク代だけ高いのはおかしいと思います。本体より割高です。まあ、何というか薄利多売で言った方がお互いの得に繋がるでしょう。話がえらくそれましたが、電子化出来るものはドンドンして頂いて、そのコピーをパソコン様に造ってもらい、欲しいものが手軽に手に入るより良い世の中を目指すべきですね。世の中の人は本当の便利さを追求していますから。長文すいません。