匿名でトレントをダウンロードする方法

Seedboxのご利用にあたりまして、著作権のあるファイルを許可なくダウンロードすることは禁止されております。あらかじめご了承ください。

本投稿はSeedbox.infoの記事『匿名でTorrentを使う5つの方法』を加筆したものです。

Torrent Freakで

“5 Ways To Download Torrents Anonymously”

という記事があったのでざっくり要約してみました。

VPN

これは有名ですね。月々数百円からtorrentを匿名化できます。

Google 検索すればたくさんのサービスが見つけられますが, 有名どころでいうと

TorGuard, SlickVPN, PrivateInternetAccessですかね。PIAは使ったことがありますが, 速度も速くコスパがとてもよかった記憶があります。

ただし, いくつか気をつけなければいけないことがあります。

1, サーバーの所在地

これは結構重要な問題でUSやUKなど遠いところにサーバーがあると速度がめちゃくちゃ遅くなります。サーバーが日本にあるものを選びましょう。ただしここがやっかいで(無実だとしても)日本国内にサーバーがある以上なんらかの嫌疑がかけられれば捜査対象になり, VPN側はサーバー情報を公開しなくてはならないため, 匿名性はのちにあげるSeedboxと比較すると低いかもしれません。

海外サーバーでは使い物にならないくらいダウンロード速度が遅くなるので, VPNって意外に板挟み状態だったりします。

2, P2Pの使用可否

VPNによってはTorrentなどのp2pを使用禁止しているものがあります。

BTGuard

BTGuardはIPアドレスを秘匿するProxyサーバーを提供するサービスです。Windows, OSX, LinuxなどのOSに対応しています。また他のVPNサービスとは異なりBitTorrentユーザーに特化しているようです。対応クライアントとして , Socks V5が利用できれば問題ないようです。(Vuze, utorrentなど)。加えてVPNサービスも展開しています。(TorrentFreak一押し!笑)

ただし, Proxyサーバーには限界があり, 大容量ファイルのダウンロードには向かないとかなんとか…

TorrentPrivacy

これは知りませんでした。

簡単に言うとuTorrentなどのTorrentクライアントにProxyやVPNなどが標準装備された

「BitTorrent Anonymizer」を配布しています。

料金を支払うことによって, 匿名化がなされるみたいです。

きになる料金は

3ヶ月$21.75

1年$66.75

2年$96.75

となっています。1ヶ月料金はないんですね。

サーバーがUSA, Europeとあります。

VPNでも説明したとおり日本にサーバーがないため実際的には使い物にならないダウンロード速度だと思います。

OSはWindows, OSX両方対応しています。

ANOMOS

BitTorrentクライアントの中で珍しく匿名化を目指したソフトです。ただ問題があって, 一般的な.torrentファイルは使用できず, ダウンロード速度も一般的なtorrentクライアントよりも遅いようです。

OSはWindows, OSX, Linuxに対応しています。

Seedbox

BitTorrentだけに特化した高速なサーバーを用いるのがSeedboxです。Seedboxはダウンロード速度がとても速く, IPアドレスも秘匿できます。ダウンロードが完了したら, Seedboxサーバーからファイルを自分のPCにダウンロードする必要があります。

このサイトで販売しているというのもありますが, やっぱりトレントを匿名で使うならSeedboxがオススメです。ダウンロード速度も速いし, 匿名化についても安心です。

iSeedbox.orgでもSeedboxを販売しています。興味のあるかたはこちらからどうぞ。

でも, Evoseedboxだったり, Seedbox.ioだったり他にも優秀なプロバイダはたくさんあるのでぜひ色々みてみてください!

スポンサーリンク
Medi-8 300×250


Medi-8 300×250


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする