シードボックスを契約すればVPNがついてくる。その使い方。

Seedboxのご利用にあたりまして、著作権のあるファイルを許可なくダウンロードすることは禁止されております。あらかじめご了承ください。

以下 Cheap Seedboxesの記事『VPN for Seedbox』を翻訳, 加筆したものです。

Windows

まず重要なこと。

『open VPNは必ず管理者権限で起動してください』

設定の仕方は以下のとおり。管理者権限でopenVPNを実行しないと, うまく動きません。

Step 1 .

Open VPNを open vpn for seedbox ここからダウンロードする。

Step 2.

ソフトをインストールして, 起動させます(管理者権限で実行することを忘れないように!)

また, 通知がある場合, TAP Driversをインストールするようにしてください

Step 3.

シードボックスのURLが記載されたメールの『Open VPN config』のURLをクリックし

client.zipをダウンロードする。

Step 4.

OpenVPN configのフォルダを開く。

以下のスクリーンショットでも解説していきます。

OpenVPN GUIのショットカットを右クリックし, 『プロパティ』をクリック。

プロパティを開いたらショートカットタブの 『ファイルの場所を開く?(かな)』一番左側のボタンを押してください。

『bin』というフォルダを開いたら 『↑』マークをクリックし, 一つ上の階層へと移動します。

そうすると以下のような画面が現れるはずです。

そうしたら『config』フォルダをクリック

Step 5.

先ほどダウンロードした『client.zip』を解凍してopen vpn configファイルを開きます。

もちろん以下のスクリーンショットでも説明していきます!

winRARでclient.zipを開くと以下の画面になるので『root』をクリック

そうすると『client.opvn』ファイルが見つけられるはずです。

Step 6

このclient.opvnファイルをopenvpn configフォルダへドラッグする

Step 7.

起動していなければOpenVPNを起動し, スタートアップメニューへと行き, OpenVPNアイコンをみつけ,

『Connect』をクリック

これでopenVPNへの接続は完了です

宣伝

iSeedbox.orgではシードボックスを販売しています。もちろんOpenVPNも標準装備です。

こちらからどうぞ。

スポンサーリンク
Medi-8 300×250


Medi-8 300×250


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする