【2017年度版】Seedboxは本当に安全なのか?

Seedboxのご利用にあたりまして、著作権のあるファイルを許可なくダウンロードすることは禁止されております。あらかじめご了承ください。

まだまだ謎の多いSeedbox。今回はSeedboxの安全性という根本的な疑問にお答えしたいと思います。

私自身もまだ勉強中のため, 疑問反論などあれば気軽にコメント欄でぶつけちゃってください!

まず, 安全とは?

ここでは安全性=匿名性と考え,

匿名性を

得ることの可能な情報から「個人」を 特定できない場合に「匿名」とする(青山, 2009)

と定義します。

今回の場合はより詳細にIPアドレスを特定できない場合を「匿名」であると考えたいと思います。

IPアドレスとは

物を送ったり受け取ったりするのには住所が必要なように、インターネットでもデータを「送信する側」と「受信する側」のコンピュータが、ネット上のどこにあるのかを識別しないといけません。そのネット上の住所の役割を担っているのが「IPアドレス」ということになります。

IPアドレスは、「194.11.4.11」のように0~255の数字を4つ組み合わせており(※1)、インターネットに接続する際、プロバイダなどによってコンピュータに割り当てられます。世界的に割り当てるアドレスが管理されており、IPアドレスが重複することはありません。(IPアドレスとは?, 2014)

日本の捜査においてはIPアドレスがわかってしまえば住所が判明してしまいます。逆に言うとIPアドレスさえ隠せればなにもわからないのです。(もちろん個人情報を漏洩していたら別の問題です)

Seedboxは匿名なの?

さて, Seedboxは匿名, IPアドレスを隠してくれるのでしょうか。

答えは

サーバー保持者次第。

というなんとも落ち着かないものだと思います。

もちろんサーバー管理者は例えば

「We do not keep any logs」(ログは一切保存しません)

などと謳っていることが多いです。

しかし, 実際にログを保存していないか確認する術はありません。

サービスによっては一年経たずに閉鎖するものも少なくありませんし,

そのあとサーバーデータがどうなったかも確認しようがありません。

ゆえに, 信頼のおける評価の高いSeedboxプロバイダーを利用するのが最も安全な方法だと思います。

というのも, もしログの漏洩があった場合インターネットの世界では即刻評判が落ちますからね。

(ログの漏洩がそもそもばれない場合もあるかもしません。)

また, いままでかなりSeedbox関連の情報を調べてきましたが,

Seedboxを利用していたのにIPアドレスが特定されたなんて話は聞いたことがありません。

またそれによって逮捕されてしまったという話も同様です。

構造的にもIPアドレスは特定しにくく,

プロバイダーがログ(記録)を消去し続けていると仮定するならば

それは一層困難を極めるでしょう。

また, Seedbedのサーバーが海外, しかも多くの場合はリベラルな北欧に所在していることもIPアドレスを特定することを難しくしていると思います。

相当な犯罪者なら別でしょうが, 例えば違法ダウンロードで国際手配するとは考えられません。

(そもそも国内にも数え切れないほどいますし, 判例がないと思います)

まとめ

SeedboxはIPアドレスを秘匿している, つまりは安全であると結論できると思います。

相当な事由があればIPアドレスを特定するために国際手配するかもしれませんが,

したところでログが残っていないんじゃ捜査のしようがありませんよね。

そういう意味では犯罪の温床になりかねない危険な場所かもしれません。

(そんな話は聞いたことはありませんが…)

参考ページ

http://tokizane.jp/Kogi/Aichi09-Sotsuron/06L4263_AoyamaNami.pdf

http://enjoy.sso.biglobe.ne.jp/archives/ip_address/

スポンサーリンク
Medi-8 300×250


Medi-8 300×250


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 【2017年度版】Seedboxは本当に安全なのか? […]