良質なSeedboxの見分け方

Seedboxのご利用にあたりまして、著作権のあるファイルを許可なくダウンロードすることは禁止されております。あらかじめご了承ください。

ここ1年間Seedboxにのめり込んだ僕ですが,

Evoseedboxみたいにコスパ最強なSeedboxもあれば

??なサービスもありました。

質の高いSeedboxの条件を3つ示していこうと思います。

良いSeedboxの3つの条件

1, 回線速度が1Gbpsかつ共有ユーザー数が少ない。

まず最初にBpsについてちょこっと説明しておきたいと思います。

bpsは、bits per secondの略であり、つまりbits/second=bits/秒のことで、インターネットでの通信速度やコンピュータからプリンタへのデータ送信速度などを表す単位のことです。

また, byteとの違いについては

1Byteは8bitであるため、bpsをB/sに換算する場合にはbpsの数値を8で割ります。たとえば、47Mbpsだと5.875MB/s、100Mbpsだと12.5MB/sの転送速度であるということになります。(bps – インターネット用語辞典)

今回の場合100Mbpsであれば12.5MB/s, 1Gbpsであればその10倍である125MB/s, 10Gbpsであれば1.25GB/sの速度があると考えられます。

ただし, この100Mbpsだったり1Gbpsという回線速度は理想速度であるため, 実際はその数パーセントの速度しか期待できません。

以前seedbox.ioの100Mbpsプランに契約した際は2~5MB/s(16-40Mbps)が平均速度でした。

また, 複数ユーザーで1Gbpsだったりこの回線を共有するので, 同時利用人数が少ない方

がやはり速度は速いと思います。

2, 帯域制限がある

iSeedbox.orgでも帯域制限を設けています。実は制限があるのは少数派で多数派はUnlimitedだったりします。

でも「制限はないほうがいいじゃん?」って思いますよね。

ぼくも当初は思ってました。

でも, 先述した通りSeedboxではサーバーを複数ユーザーで共有します。そのため,

1人でもヘビーユーザーがいると他全員の回線速度が落ちてしまいます。

だから良質なSeedboxプロバイダーは帯域制限を設けて, あまりにひどいヘビーユーザーを作らず, ユーザーに最大限の回線速度を提供しようとしています。

それにiSeedbox.orgやEvoseedboxなどでは2TB/月の帯域制限を設けていますが, 正直

かなりがんばっても2TBのデータを一月で転送するのはなかなか難しかったりします。笑

3, Public Trackerが利用可

まずトラッカーの説明から。

トラッカーとは

The tracker just helps peers to find each other.

The peer sends a message to the tracker to register its interest in a torrent. The tracker responds with a list of other peers who have previously expressed interest.

Then the peer connects directly to each of the peers it received from the tracker (Aboukhadijeh, 2016)

つまり

トラッカーはピア(これはTorrentのユーザーです)がお互いを見つける手助けをするだけである。

ピアはトラッカーにメッセージを送り, 自分が興味のあるtorrentを登録する。トラッカーは同じような興味を持った他のピアのリストを返信する。

そしてピアはトラッカーからのリストを元に他のピアと直接接続する。

とQuoraの『What is a torrent tracker?』で回答されていました。

で, このピアを接続するトラッカーにはPublic, Privateの2つがあります。

もちろんファイルによってPublic トラッカーが使われていたり, Privateが使われたりしていますが,

もちろんダウンロードするためにはSeedboxがそのトラッカーを許可している必要があります。

あまり出会ったことはないのですが, SeedboxプロバイダによってはPublic Trackerを禁止しているところがあり, Public Trackerを介して公開されてるファイルがダウンロードできなかったりします。

Public Trackerを用いているメジャーなところではNyaa TorrrentだったりThe Pirate Bayなどがあります。Ceenaという国産トラッカーサイトもあります。

そのため, 使いたいファイルがどのトラッカーを使っているか調べた上で,

Seedboxが許可しているか確認するとよいでしょう。

4, 上記条件を満たした上で価格が$5程度かつ100GB以上の容量がある

1から3までを満たしたとしても, 容量が60GB程度だったり, $10を超えたりするのはあまり良いとは言えません。

価格としては$5程度, 容量は100GBあると『良い』Seedboxと言えると思います。

まとめ

これらを満たしていれば良質なSeedboxと言えるでしょう。

でも正直使ってみないとわかりません。

評価の高いEvoseedboxも実は時間帯によっては速度が10分の1まで落ち込むことがありまし,  同じ会社のものでも, サーバーが別の国にあったり, ヘビーユーザーが同じサーバー内にいたりなどケースバイケースだったりします。

もちろんその旨をメールで伝えれば対処してくれるんですけど

やりとりが英語だったりして厄介だったりしますよね。

プロバイダによっては返信がすごく遅い場合もあります。

スポンサーリンク
Medi-8 300×250


Medi-8 300×250


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする