政府に監視されてるからTorrentの違法ダウンロードはやめたほうがいい。

Seedboxのご利用にあたりまして、著作権のあるファイルを許可なくダウンロードすることは禁止されております。あらかじめご了承ください。

Torrentの違法ダウンロードは捕まるかもしれない

2012年にGigazineの記事で『BitTorrentで人気の海賊版ファイルをダウンロードすると3時間以内に当局がIPアドレスを記録する』というものがありました。

タイトル通り, 現在もISP(インターネットプロバイダ)や政府によって日本国内においてもTorrentの利用は監視されています。

今現在の取り締まり範囲は大規模にアップロードしたユーザーであるため, もっぱらダウンロードをしているユーザーは捕まらないという状態ですが,

捜査される可能性が皆無というわけではなさそうです。

弁護士ドットコムにおいて

『トレントについて』というトピックがあり

数日前にトレントを使いファイルをダウンロードしてしまい後からそれが違法であることに気づき対象のデータとトレント自体を削除しました、今後なにか警察のお世話になるようなことになるのでしょうか?
教えてください

という質問に対し,

ファイル共有ソフトの利用で捜索差押を受け、刑事事件となった事案を何件か経験しました。コンテンツがどのようなものかにもよるかと思いますが、警察の捜査が入る可能性は否定できません。なお、その場で罰金を払うということはありません。

という回答が弁護士からなされベストアンサーに選ばれています。

気づかないうちに全員がファイルをアップロードしてる

また『アップロードは捕まるけど, ダウンロードは逮捕されない』という言説が流布していますが,

システム的にTorrentってアップロードも自動的に行うようになっています。

一昔前に『BitThief』というアップロードを全く行わないtorrentクライアントが登場しましたが, 今現在はアップデートが終了し, ほぼ使えない状態になっています。

そのため, 違法ダウンロードをしているユーザー全員が摘発される可能性があります。

著作権法は罰則強化の流れである

また違法ダウンロードを取りしまる著作権法はここ数十年罰則強化の流れです。

そのため, ここ数年以内に法律が厳罰化され, 違法ダウンロードを公に取りしまる可能性が高いと思います。

逆説的ですが, 著作権法が緩和されることはまずないと考えれば納得がいくかもしれません

まとめ

以上から, Torrentを使って違法ダウンロードするのは摘発される危険性があると結論づけれるでしょう。

また, その摘発する際に状況証拠を集めるために政府をはじめ様々な機関がTorrentを監視しているため,

SeedboxなりVPNなりProxyを使って, プライバシーを保護することをおすすめします。

スポンサーリンク
Medi-8 300×250


Medi-8 300×250


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする